トップページ > Panasonicウェアラブルカメラ『A500』『A100』でハセツネを移動&ランニング撮影

トレラン王国 プレスリリース

Panasonicウェアラブルカメラ『A500』『A100』でハセツネを移動&ランニング撮影

『トレラン王国』カメランナー
パナソニック・ウェラブルカメラでgood job

トレラン王国は発売中のDVD『ハセツネドキュメント2014』の撮影に、パナソニックのウェアラブルカメラ『A500』『A100』を採用した。
ウェアラブルカメラとは、身体のどこかに装着しハンズフリーで撮影する事を目的とした小型カメラのこと。通常のビデオカメラとは違い小型で軽量なため、頭に装着したり、自転車のハンドルに装着して撮影することでスピード感や臨場感あふれるシーンが撮影できる。

トレラン王国×パナソニック ハセツネDVD収録にトライ

トレラン王国がパナソニックを選んだ理由

すでに複数のメーカーから発売されている人気のアクションムービー用小型カメラ。トレラン王国がパナソニックの『A500』『A100』を採用したワケは大きく2つある。それは、

  • 顔の真横に取り付けることで自分目線の撮影ができる
  • 本体とカメラ部が分かれているため、カメラは約30g(A500は約31g)と超軽量

ということ。この2つのポイントはトレイルランでのランニングや登りのシーン、周囲の選手と対話をする際に、自然でリアリティ溢れる映像を実現したのだ。 付属品のヘッドマウント(A500)やイヤーフック(A100)を使ってカメラを装着することで、自分目線の撮影ができる点が大きな魅力。ちょうど目の付近に小型カメラをとりつけることで、目線と同じシーンをそのまま撮ることができるから、カメラアングルにストレスがない。
しかもカメラと本体がセパレートの2体型スタイルのため、カメラ部は約30g(A500は約31g)の軽量化を実現。本体はアームハンドケースで腕に固定することで、手元でモニターを見ながらの撮影(*A100はモニターなし)の設定や操作が可能だ。
さらにアクションムービー撮影に絶対欲しい、「防水・防塵」機能、「傾き・ブレの自動補正」機能(*各モデルの詳しいスペックは商品サイト参照)も装備しているから、トレイルランはもとよりさまざまなアウトドアシーンに対応してくれる。

HX-A500 HX-A500

オープン価格
カラー/グレー、オレンジ

HX-A100 HX-A100

オープン価格
カラー/ブラック、オレンジ

世界初。4K高精細映像対応ウェアラブル

『A500』はウェアラブルカメラとしては世界初の4K30pに対応する、小さいのに優れたカメラなのだ。フルハイビジョンの約4倍にあたる高画素化による高精細映像とともに、30p=秒間30フレームの高精度な撮影を実現した。ウェアラブルカメラならではの臨場感あふれるシーンでも、コマ落ちのない滑らかな映像を残せるのだ。
『A500』『A100』共通機能として、専用スマートフォンアプリ「Panasonic Image App(無料)」をダウンロードすれば、スマートフォンから本体部のリモート操作が可能。撮影の開始/停止や撮影モードなどをスマートフォンでコントロール。撮影した映像の確認も手軽にできる。さらに動画共有サービス「Ustream」を通じて、映像のライブ中継が可能。撮影映像をストリーミング配信して、家族・友人などとリアルな臨場感を共有なんてこともできる。
記録メディアはmicroSD カードを使用。4K対応TVのパナソニック「ビエラ」があれば、A500で撮影した4K映像を、SDカードスロットに入れるだけで4K高画質のままで鑑賞できる。また、専用ソフト「HD Writer WE2.0」をダウンロードすれば動画をパソコンのHDDにコピーして編集したり、microSDカードにコピーすることが可能(動作環境に条件あり)。動画撮影を楽しむヘビーユーザーの期待にも応えてくれる、ハイスペックな高機能ウェラブルカメラなのだ。

■商品の詳しい情報は

パナソニック・ウェアラブルサイト

ページのトップへ戻る